M2-dummy

副流煙なしの、加熱式たばこと無煙タバコ(オーラルたばこ)その違いとは?

健康増進法で、喫煙スペースも限られ、周囲にさらに配慮して喫煙することが必要とななりました。そこで、当時注目を集め始めたのが加熱式のたばこ。加熱式たばことは、たばこ葉を加熱し、発生する蒸気を吸うスタイルのたばこを指します。厳密にいうと、加熱式たばこから出るものは「たばこ煙」ではなく、蒸気です。そのため、「煙が少ないたばこ」というよりは「煙が出ないたばこ」という解釈が正解です。一方、無煙タバコ(オーラルたばこ)はケースから取り出したパウチを手で歯茎と頬のあいだに挟むだけで使用できます。30分と持続性があります。

加熱式たばこは、周りに配慮し楽しみたい喫煙者に有効

加熱式たばこは、たばこを吸いに行くことが習慣化しており、たばこ吸うという動作が染み付いている方が多く利用しています。例えば、仕事の合間に一服はしたいのだけど、周りへの配慮のため。また、コーヒーを飲む時など、なんとなく手持ち無沙汰になってしまうので加熱式たばこを吸っているという方も。このように、周りへの配慮をしつつ、楽しみたい方が多く利用しています。

オーラルたばこは、いつでもどこでも自由に楽しむ新スタイル

一方、オーラルたばこは、煙を一切出さないたばこであり、吸うという動作自体も必要がありません。口に含むだけなので、仕事でパソコンを打ちながら、家事をしながら、公園でこどもとボールを追いかけながらなど色んなシーンで使用することができます。また、最長30分刺激が続くので、本来なら禁煙れている飛行機や新幹線などの長時間の移動の時も吸うことができます。周りを気にすることなく、いつでもどこでも楽しめる新しいカタチの喫煙タイプといえるでしょう。

煙の出ないたばこを色んなシーンで使い分けがおすすめ

喫煙スペースが少なくなって見つからない場合や長時間の移動はオーラルたばこ、一服というリフレッシュのため、または喫煙スペースでのコミュニケーションを楽しみたいときは加熱式たばこを利用するなど使い分けをして楽しむことも可能です。

オーラルたばこの商品とキャンペーンに関する情報は
こちらのWEBサイトよりご確認ください。

オーラルたばこについて

煙もニオイもない!

周りに迷惑がかからない!
喫煙所に行かなくていい!

ハンズフリー!

マルチタスクに最適!
集中をジャマしない!

いつでもどこでも使える!

映画館、仕事中、移動中に最適!

1パック標準15パウチ
300(税込)

VELO会員になって
最新のVELO情報や
オンラインストアでの購入、
お得なキャンペーンに参加しよう

他にもお得な特典がいっぱい!

会員登録はこちら