M2-dummy

たばこの臭いを消すには?賃貸住宅の消臭対策と、たばこ臭の根本改善方法

日常的に部屋の中でたばこを吸っていると、壁紙がヤニで黄ばんで汚れたり、たばこを吸っていないときでもたばこの臭いがしたりします。喫煙可能な賃貸住宅であっても、通常このような汚れはきれいに修繕する義務が生じます。そこで今回は、部屋のたばこの臭いやヤニ汚れを取る方法について解説し、たばこ臭の根本改善としておすすめのたばこを紹介します。

喫煙者が住む賃貸マンションでは、お部屋のたばこ臭対策は必須

完全禁煙や分煙が進み、外で自由にたばこを吸うことがままならず肩身の狭い思いをしている喫煙者の方も多いのではないでしょうか。せめて自宅では気にせずたばこを楽しみたいものです。ところが、持ち家ならともかく、賃貸の戸建てやマンション、アパートなどに住む場合、喫煙可能であっても退去するときに原状回復義務があるため、たばこによるヤニ汚れやたばこ臭は厄介な問題です。


場合によっては、ヤニ汚れやたばこ臭が原因で、壁紙の張り替えや汚れと臭いを除去するためのクリーニングが必要になります。退去時に、入居契約時に預けた敷金だけでは足りずに、高額なリフォーム代やクリーニング代を請求されることもあり得ます。

賃貸物件でたばこを吸う場合は、その負担をできる限り減らすために、日ごろからたばこ臭対策をしておくことが重要です。

そもそもたばこはなぜ臭い?「吸っていないときも部屋が臭う」理由

日常的に部屋の中でたばこを吸っていると、たばこを吸っていないときでも、換気をした後でも、どうしても部屋にたばこ臭が残ってしまいます。ではなぜ、たばこ臭はなかなか消えないのでしょうか。ここではその理由について解説します。

独特な“たばこ臭”の正体

たばこ臭は、たばこに含まれる物質が燃焼することで発生し、アンモニア、酢酸、アセトアルデヒド、ホルムアルデヒドなどが含まれます。アンモニアや酢酸はツーンとする刺激臭が特徴で、アセトアルデヒドは青臭い臭いがします。このようにたばこには、特徴的な不快な刺激臭をもつ成分が含まれています。これらが混ざり合い、たばこ独特の臭いが生まれます。

壁や家具などにこびりついた“ヤニ”も臭いの原因に

部屋で日常的に喫煙をしていると、部屋の壁紙や天井、家具などが黄ばんで汚れが付着していきます。こまめに拭き取っていれば、多少汚れは取れますが、長い間放置しておくとなかなか落としづらい頑固な汚れとなります。
この汚れの原因は、たばこのヤニです。ヤニは、たばこを吸ったときに煙から発生する、物質の混合物である「タール」です。タールは、歯の黄ばみの原因にもなります。

タールはたばこを吸うことにより発生し、部屋中に拡散されます。そして粒子状の細かな成分が、壁や家具、カーテン、カーペットなど、部屋の中のものにこびりつきます。タールの臭いは一度染みつくとなかなか取れづらく、また掃除の行き届きにくいさまざまな場所にも付着するため、たばこを吸っていないときでも部屋がたばこ臭くなってしまいます。

この3か所がポイント!掃除でたばこの臭いを取る方法

たばこ臭を消すためには、ヤニが付きやすい場所を重点的に掃除して臭いの元にならないようにすることが大切です。
ここではたばこの臭いを取る掃除方法について、3か所に分けて説明します。

「臭いの元」の液性を考慮した消臭アイテムで、壁や家具を掃除する

たばこの煙は、主流煙(肺の中に入る煙)と副流煙(たばこの先から出る煙)で液性が異なります。主流煙は酸性、副流煙はアルカリ性のため、主流煙にはアルカリ性の洗剤や消臭アイテム、副流煙には酸性の洗剤や消臭アイテムが効果的です。壁や家具のヤニ汚れやたばこ臭は、この液性を生かして掃除をしましょう。

掃除方法は、まず壁や家具のホコリを掃除機やはたきで取り除きます。そして水で薄めた重曹などアルカリ性の洗剤で、油性のヤニ汚れを落とします。それでも臭いが消えない場合には、水で薄めたクエン酸など酸性の洗剤で掃除しましょう。
ただし、これらの洗剤を使う際は、しっかりと換気を行い、絶対にアルカリ性の洗剤と酸性の洗剤を同時に使用しないでください。万が一、これらの洗剤が混ざると有害物質が発生し、最悪の場合、命の危険があるため、くれぐれも注意が必要です。
また、壁や家具の材質により、シミや変色の恐れがあるため、まずは目立たないところで洗剤を試してから使用してください。

重曹とクエン酸で、カーテンやカーペットなどのファブリックを洗う

部屋の中で大きな面積を占めている、カーテンやカーペット、ベッドカバー、ソファカバー、クッションカバーなどの布製品をこまめに洗うことは、部屋のたばこ臭を軽減させるのに有効です。

洗濯機で洗ってもたばこの臭いが落ちない場合には、バケツに40℃くらいのぬるま湯を注いで、重曹大さじ3杯をよく溶かします。そこに洗濯物を30分~2時間程度つけ置きし、洗濯機につけて置いた液ごと移し、規定量の洗濯洗剤を入れて洗濯マークの表示通りに洗濯をします。そしてすすぎの際に、クエン酸小さじ1杯を入れます。

これでも臭いが取れない場合には、クリーニングに出すか、価格に応じて買い替えを検討しましょう。

お部屋の空気を作るエアコンも忘れず掃除を

エアコンのスイッチを入れると何とも嫌な臭いが部屋に充満することがありませんか。その臭いの正体は、カビが原因のこともありますが、たばこのヤニ臭が原因になっている場合もあります。高い場所に設置されているエアコンは、たばこの煙が届きやすく、内部まで掃除がしづらいため、ヤニが付着しやすいです。

エアコン掃除で欠かせないのはフィルターの掃除です。フィルターは汚れたらこまめに取り外し、ホコリを取り除いてからアルカリ性の洗剤で洗いましょう。そしてよくすすぎ、陰干しでしっかりと乾かしてから本体に戻します。また、吹き出し口もヤニ汚れが付いていることが多いため、中性洗剤と水を混ぜた液体にタオルを浸してよく絞り、吹き出し口を丁寧に拭きます。仕上げに水拭きをして、こちらもしっかりと乾かすことが大切です。

それでも臭いが気になる場合には、エアコン内部の掃除が必要なため、エアコンクリーニングのプロに洗浄を依頼しましょう。ただし、しつこいヤニ汚れは、特別な洗浄が必要になることがあるため、一般的なエアコンクリーニングの料金よりも高額になる可能性があります。まずはクリーニング業者に問い合わせてみるのがおすすめです。

たばこ臭の根本改善には、煙の出ない「オーラルたばこ」の使用もおすすめ

「たばこの臭いを部屋に付けたくない」「たばこのヤニで壁を汚したくない」場合には、部屋で禁煙にするのが最も有効的な手段です。しかし、できることならば室内でもたばこを楽しみたいですよね。
そんなときは「オーラルたばこ」を検討してはいかがでしょうか。オーラルたばことは、たばこの葉を詰めた小袋を歯茎と頬の間に挟み、口腔内からニコチンを吸収するたばこです。火を使わないので煙が出ず、壁や家具、ファブリックなどにたばこの臭いやヤニ汚れが付着することがありません。

部屋にたばこの臭いがつくのを気にして、ベランダで紙巻たばこを吸っている方も、この機会にぜひオーラルたばこを試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

たばこによる臭いや壁紙の汚れなどは、喫煙可能な賃貸住宅においても退去の際に高額な修繕費を請求されることがあります。そのような事態を回避するためにも、賃貸住宅では、たばこの臭いやヤニ汚れ対策が必須です。
賃貸住宅で既にたばこによる臭いや汚れが気になる場合には、紹介した掃除方法をぜひ試してしてみてください。
そして、たばこによる部屋の汚れや臭いに悩まされたくない方は、根本改善として、煙が出ないオーラルたばこを使用するのもおすすめです。

一覧へ戻る