M2-dummy

みんなは、どんな時にオーラルたばこを使っているのでしょう?
今回は、加熱式たばことオーラルたばこを併用しているというポーカープレイヤーさんにインタビュー!
使うシーンや使ってみた感想を聞いてみました。

――オーラルたばこを使うことになったきっかけを教えてください。

11月にポーカーの大会があり、そこでオーラルたばこを紹介してもらいました。いろんなフレーバーの試供品を使ってみたんですが、煙が出ないのにたばこを吸ったような満足感があり驚きました。

――たばこはどれくらいの頻度で吸っていますか?

元々、吸えるならずっと吸っているタイプ。朝起きて一服、食後の一服、寝る前に一服、ポーカーの合間や移動中も、吸える環境なら吸っていました。以前は加熱式たばこだけを使っていたんですが、いまは30%くらいの割合でオーラルたばこを使っています。

――もともとオーラルたばこの存在は知っていましたか?

はい、知っていました。最初は禁煙用のアイテムだと思っていましたが、その後、たばこの一種として流通しているなと認識しました。なかなか手にするきっかけがなかったんですが、ポーカーの大会で紹介された時にはじめて試してみて「いいな」と感じました。

――過去に喫煙頻度を減らそうと思ったことはありますか?

何度もあります。特に風邪をひいた時に思いますね。あとは周りの人がたばこ嫌いだった時。「やめてほしい」と言われたことが何回かあります。

――オーラルたばこを使ってみて良かったことはありますか?

昨日まで韓国でポーカーの大会があったんですが、その時もオーラルたばこを使わせてもらいました。オーラルたばこは禁煙の場所でも問題なく使えるので、加熱式たばこを吸えない時にかなり重宝しました。 ポーカーの大会にも休憩時間はあるんですが、2時間に1回。喫煙者はそのタイミングで、一斉に喫煙所に行くんです。喫煙所は混むし、その中では服や髪にニオイもつく。それって、あまり気持ちの良いものじゃないですよね。オーラルたばこなら休憩時間外にも使えるので、たばこを吸えないストレスが減ったと思います。家に帰っても、オーラルたばこを使った日は服や髪からニオイがしないのもいいですね。

――オーラルたばこをどのように口に含んでいますか?

奥の歯茎と頬の間に挟みます。歯医者に行って、綿などを詰められることがあると思うんですが、その感覚に少し似ているかもしれません。でも、それにもすぐ慣れますよね。オーラルたばこも同じだと思います。

――オーラルたばこを1回に何分くらい使用していますか?

口の中に入れているのは10分くらいです。

――オーラルたばこを使うとどんな感覚がありますか?

口に含むとピリッとした刺激はありますが、大体1分程度でおさまります。不快感はないですね。

――使用後のパウチはどうしていますか?

パウチはまとめておいて、あとからゴミ箱に捨てています。

――オーラルたばこをほかの人に紹介したことはありますか?

ポーカープレイヤーに「これならプレイ中に使えるよ」とオーラルたばこを勧めました。その人も実際に使ってみて「いいね」と言っていましたね。

――オーラルたばこを使ってみて周りの反応はどうでしたか??

たばこが苦手な人に「たばこくさい」と言われることがあったんですが、最近はそれがなくなりました。自分も周りもみんなハッピーに過ごせています。

――今回の取材場所「カジスタ東京」はアミューズメントカジノですが、どんな場所か教えてください。

アミューズメントカジノは、ゲームセンターのようなもの。お金を賭けることなくプレイを楽しむ場所です。プレイするための料金は必要ですが、ギャンブルはしない。それが本場のカジノとの違いです。ゲームセンターにはゲームセンターなりの楽しさがありますし、海外で挑戦する前の練習場としても使えます。 日本には数少ない施設でしたが、ここ数年で一気に増え、現在は100店舗以上あるんじゃないでしょうか。

――ポーカーの醍醐味を教えてください。

ポーカーはスキルを磨いて実力で勝利を掴み取れるのが魅力です。とはいえ、トランプゲームなので運の要素もあり、そのバランスがおもしろいんですね。たとえば将棋なら、素人がプロ棋士に勝てることはまずない。でも、ポーカーには運の要素が多少あることで、初心者でもプロに勝てる可能性があるんです。そういった面でもポーカーは誰でも楽しめるゲームだと言えます。最近徐々に流行ってきているので、さらに盛り上がっていくと良いですね。